てづくり・アルパカこうぼう - 2010

手染め手織りアルパカ・ウールと和風にんぎょう




2010年11月07日(Sun)▲ページの先頭へ
東京・西荻窪・アートギャラリー「ニヒル牛」
こんにちは!

ニヒル牛のブログに
私の作品が紹介されてました。

こちらでごらんください!

ニヒル牛

ありがとう。


2010年10月22日(Fri)▲ページの先頭へ
お客さんは写真家
先日メールに添付された写真を
見てみた。
添えられたメッセージに
〜赤馬と鳥をかざって
 楽しく暮らしている〜
とあった。
作品が共鳴するときでした。



2010年05月30日(Sun)▲ページの先頭へ
黒い猫は「福猫」として魔除けや幸運の象徴とされ、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ。
招き猫(まねきねこ)は、

前足で人を招く形をした、猫の置物。

猫は農作物や蚕を食べるネズミを駆除するため、

古くは養蚕の縁起物でもあったが、

養蚕が衰退してからは商売繁盛の縁起物とされている。



右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、

左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招くとされる。

両手を挙げたものもあるが、

“欲張り過ぎると「お手上げ万歳」になるのが落ち”と嫌う人が多い。

一般には三毛猫であるが、近年では、

地の色が伝統的な白や赤、黒色の他に、

ピンクや青、金色のものもあり、

色によっても「学業向上」や「交通安全」(青)、

「恋愛」(ピンク)など、意味が違う。

黒い猫は、昔の日本では『夜でも目が見える』等の理由から、

「福猫」として魔除けや幸運の象徴とされ、

黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ。

また、赤色は疱瘡や麻疹が嫌う色、

といわれてきたため、

赤い招き猫は病除けの意味を持つ。
(以上ウィキペディアより)





2010年05月13日(Thu)▲ページの先頭へ
シンバルを鳴らすサル
板絵人形はすべて後ろ姿も描いています。
このお猿さんは例外で前姿のみです。
私の根付作家名・七有のサインがあり、
2006.9.8のゴム印が押してあります。







オシドリの板絵人形
厚み一センチの地場産の杉板を
利用しています。
カラフルなオシドリを板絵にしま
した。




2010年04月29日(Thu)▲ページの先頭へ
新作・黒招き猫
黒猫です、

また違った迫力を感じます。



2010年04月12日(Mon)▲ページの先頭へ
作者のネコさんもかわいいと評判です。


おなじみ招きネコです。

作者のネコさんもかわいいと評判です。

ありがたいことです。


手作りオーダー製作・板絵人形・弁財天


ご存知の方も多いと思います。

インドではサラスバティー女神です。



アルパカの板絵人形


作者はとてもアルパカが好きです。

アルパカ帽で仕事もします。

不思議といい作品が現れます。

アルパカに感謝しない日は

ないのです。


手のひらのマッコウクジラの木彫


育児グッズとして作りました。

ヒノキは殺菌力、アロマ(香り)効果が

あり、それ程重くも無く最適と思います。

詳しくはこちらで!

ありがとう。


その土地で育った杉板を使って・かんのんさま
むかし民芸の柳宗悦さんの本のなかに、
その土地の材料を使うことが
民芸といえることのひとつ、
と言われていた。
その事を思いだします。


かんのんさま



   


ご訪問ありがとうございます。

オススメリンク
幸せはハートの中に
PR








新着トラックバック/コメント

◆CM紹介◆






ふらりブログのプチタビ雑誌




カレンダ
2010年11月
 
       

アーカイブ
2010年 (11)
4月 (6)
5月 (3)
10月 (1)
11月 (1)
2012年 (1)
3月 (1)
2013年 (6)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (2)
2014年 (3)
4月 (2)
9月 (1)
2015年 (2)
2月 (1)
8月 (1)
2016年 (9)
1月 (1)
2月 (3)
7月 (2)
12月 (3)
2017年 (20)
1月 (9)
2月 (3)
9月 (6)
10月 (2)

アクセスカウンタ
今日:201
昨日:1,019
累計:107,463